私は32歳、結婚5年で子供は無しです。
今は小学6年(この春から中学生)の男の子二人をペットにして遊んでいます。
 裕君は主人の親戚にあたり、小学生にしては大柄ですが、目がクリッとしたかわいい顔立ち。
けっこう生意気。
友達の健ちゃんは、小柄でおとなしい雰囲気ですが、クールでわりとハンサム。
二人は親友で、とてもうまくいっています。
 私が二人を食べるきっかけになったのは、私の趣味のお菓子作りの試食部隊として二人がうちに出入りを始めたこと。
 最初は色気より食い気で、私が作ったケーキなんかを喜んで食べてくれていましたが、打ち解けるに従い、私が得意の猥談で挑発し始めました。
と言っても最初は「キスしたことあるの?」「早く彼女作んなきゃ」ぐらいの会話でしたが、「女の子のおっぱいさわったことある?」の質問から、お調子者の裕君が、ふざけたふりをして私の胸やお尻に触るようになりました。
叱ると素直に謝りますが、しばらくするとまたタッチに来ます。
健ちゃんは、見て見ぬふり。
たぶん触りたいのに、プライドが許さないのでしょうか。
少し癪に障った私は「健ちゃん、子供はどうやったら出来るか知ってる?」と聞いてしまいました。
赤くなって口ごもる健ちゃんを尻目に、裕君が「知ってるよ。セックスすると出来るんだ」と答えました。
(この色がきめ)私は裕君の目を覗き込むように、「そう、裕君のパパとママがセックスしたから裕君が出来たのよ」と、言ってやりました。
いきなりリアルな話しになって、さすがの裕君も絶句。
「あなたたち、両親のセックスって見たことある?」「な、ないよ」「声くらい聞いたことあるでしょ?ママのエッチな声」「ありません」完全に私のペース。
でも実は私も心臓がバクバクしてきました。
これ以上はやばいかなとも思いましたが、もう止まりません。
「セックスのやりかたって知ってる?」顔を見合わせる二人。
「チンチンを女のあそこに入れるのは知ってるよね」「お姉さんが、格好だけ教えてあげようか?服は着たままよ」 セーターにジーンズの私は、裕君を静かに引き寄せて体の上に乗っけて、開いた足で腰を挟み込み、正常位の体勢になりました。
 裕君は緊張でコチコチでしたが、私の腕に逆らわず、胸に顔をうずめるように、体を預けてきました。
「もう少し上に来て。そしてチンチンを、お姉さんの股にぶつけるように動かしてみて」 裕君は、おずおずと前後運動を始めました。
ぎこちなくて、滑稽でしたが、股間に勃起を感じ、本能だなあとも思いました。
冷静を装っていましたが、私も興奮して、おまんこはどろどろでした。
30秒ほどで「はい、もうおしまいよ」というと、裕君は不満そうでしたが、素直に離れました。
「さあ、次は健ちゃんいらっしゃい」私があおむけのまま、両足を立てたまま誘うと、ためらいながらも近づいてきました。
私は、健ちゃんの首に両手を回し、「つかまえた」と、ふざけたふりをしました。
「さあ、見てたでしょ。腰を動かしてみて」 健ちゃんは、少し震えていましたが、懸命に腰を私の股にぶつけはじめ、私は興奮で、思わず声を漏らしそうになりました。
 その日はもう夕方になっていたので、それ以上はさせずに、二人を帰すことになりました。
でも帰り際、調子に乗った私は、名残おしそうな二人に「こんどは、三人でお風呂に入ろうか」と言ってしまったのです。
二人の小学生が、次にうちに訪れたのは、次の土曜でした。
主人がサービス業で、土、日が仕事なので、私が指定して呼び寄せました。
最初はトランプをしていましたが、二人ともお風呂のことが気になるのか、心ここにあらず。
私も調子に乗って、「次の七並べで、お姉さんが負けたらお風呂に入ってあげてもいいよ」と言っちゃいました。
二人は顔を見合わせて、すごい気合です。
結果は私の惨敗。
二人は小躍りして喜んでいます。
「あなたたち、私とホントにお風呂に入りたいの?」「ウン」と裕君が答えました。
「健ちゃんは?」「は、入りたいです」私はわざとらしくため息をつき、「困ったわね。冗談で言ったのに。でも嘘つきにはなりたくないし。ちょっと待っててね」私は、浴室に行き、浴槽にお湯を溜めながら、膝がガクガクしていました。
(とりあえず、裸を見せてあげよう。
相手は子供だし)のぼせないように温めのお湯を入れながら、思いました。
リビングに戻り、二人に先に入るよう命じました。
緊張している子供たち。
彼らが浴室に消えてから五分後、浴室をのぞいてみると、狭い浴槽に二人が並んで、こっちを見ていました。
まるで犬の子みたいで、思わず笑顔。
私は一度ドアを閉め、服を脱ぎました。
すりガラス状のドアの向こうから、私の脱衣が子供たちから見えるはず。
ゆっくりと全裸になると、ドアを開け、乳房も陰毛もあらわに浴室に入りました。
二人の視線は揃って、私の股間に注がれました。
 私は二人の小学生の視線を充分に意識しつつ、全裸で腰を落とし、秘部を見せないように桶から下半身にお湯を掛け、右手でクチュクチュと陰部を洗いました。
二人は一生懸命覗き込もうとしている。
「さあ、洗ってあげる。祐君上がって」「エッ!」「そのためにお風呂に入ったんでしょ。早くいらっしゃい」 私の命令口調に、おずおずと裕君は上がってきたけど、しっかりと股間はタオルで隠していました。
裕君を後ろ向きに椅子に座らせ、「洗ってあげるから、タオルをちょうだい」と言いました。
他にもタオルはあるのですが、意地悪してみました。
裕君はためらいながらもタオルを手渡し、手で股間を覆っています。
まず背中から洗ってあげます。
いつもは生意気な裕君も、緊張でコチコチです。
健ちゃんが湯船から、私の乳房を横から凝視してるのがわかる。
 背中を一通り洗ってから、裕君を前に向かせましたが、相変わらず股間はしっかりガード。
剥ぎ取ってやろうかと思ったけれど、それは後のお楽しみ。
胸から腹を洗い、腕を洗うときは片方の腕で股間を押さえています。
 裕君は恥ずかしがりながらも、私の胸や陰部をチラチラと見ていました。
 体にお湯を掛けてやり、「さあ、立って」 裕君を無理やり立たせ、股間を隠す手をはずします。
以外にも素直に手をどけ、彼のペニスがあらわになった。
コロンとして生白いペニスは、まだ皮被りだけど、大柄だけになかなかのもの。
半勃起なのが物足りないけど、きっと緊張しているのでしょう。
けっこう陰毛も生えています。
私は、裕君のペニスを握りました。
裕君は「アッ!」と声を出し、見ていた健ちゃんはごくりと唾を飲み込みました。
「オナニーしたことあるんでしょ。お姉さんに見せてよ」「恥ずかしいよ」「せっかくお姉さんのヌード見せてあげたのに。見せてくれないんなら、お姉さんも大事なところ見せられないな」 私は裕君の手を取り、股間に持って行くと緊張しながらも自分で握り、私に促され、ペニスをこすりはじめた。
私は体を寄せて、偶然のように乳首を太ももに擦り付けると、むくむくとペニスが大きくなり、亀頭があらわになってくる。
手の動きが、どんどん早くなり、息が荒くなる。
「裕君、立派なチンポよ」 私の言葉に反応するように、彼はうなりながら射精した。
勢いよく精液が洗い場にほとばしる。
「すごいね祐君。もう大人だね」裕君のペニスを洗ってやり、「じゃあ健ちゃんいらっしゃい」 健ちゃんはかなりためらっていたけれど、裕君にも促されて、恐る恐る股間を隠しながら出てきました。
替わって祐君が湯船へ。
 もう目的はひとつだから、洗う必要もなく、健ちゃんを湯船の縁に座らせると手を取り除きました。
 健ちゃんのペニスは小ぶりで、陰毛はチョロチョロだけど、先っぽはむけかけており、むしろ裕君より大人っぽかったです。
でも、勃起はしていませんでした。
「さあ、健ちゃんもオナニーして見せて」ためらいながらもペニスをしごき始めますが、なかなか勃起しません。
「大丈夫よ。落ち着いてね」「お姉さん。僕、おしっこしたい!」かなり緊張しているようです。
「ここでしていいよ」排水口にしゃがませ、時間を掛けて排尿させました。
 その後ペニスをきれいに洗ってやり、再び湯船の縁に座らせ、まだ柔らかなペニスを口に含んでやりました。
「アッ!」 健ちゃんと見ていた祐君が同時に声をあげます。
健ちゃんのペニスが急速に立ってきました。
私は「もう大丈夫でしょ。後は自分でやってみて」 健ちゃんは自分でしごきだし、私は睾丸をゆっくり揉んであげた。
少し時間はかかったけれど、健ちゃんもめでたく精液をほとばしらせ、今日のお遊びは終わりました。
 私はおまんこがヌルヌルで、物足りなくはあったけれど、二人が満足そうなのでよしとしよう。
私は三人で服を着ながら、来週のお遊びのシナリオを練っていたのでした。
次の週の土曜も、小6の裕君、健ちゃんの二人はうちにやってきました。
 先週のお風呂での射精の件もあり、もう遠慮はいりません。
二人に簡単な食事をさせると、早速二人に裸になってもらいました。
健ちゃんは少しためらったけれど、裕君に促されて、全裸に。
裕君のペニスは半立ちでしたが、健ちゃんのはまだ、小さいまま。
「今日は三人でオナニーしよっか」「女の人もオナニーするんですか?」と、健ちゃん。
「するわよ。健ちゃんのママもしてると思うよ」そう言うと、健ちゃんのペニスが、見る見る立ってきました。
この子は、お母さんのことを言うと、欲情するみたい。
そして私は、長年の願望を口に出しました。
「私のオナニーを見せてあげてもいいけど、条件があるの」二人は興味津々の目です。
「あなたたち、お互いのチンチンをいじってみて」「エッ!」と、二人は絶句。
「裕君が健ちゃんの、健ちゃんが裕君のチンチンをしごいて射精させるの。それを見せてくれたら、私のオナニーも見せてあげる」「恥ずかしいし、嫌だなあ」 予想通り、シャイな健ちゃんが難色を示しますが、私は、スカートをはいたまま、二人の前で、パンティーを脱ぎました。
ゴクッと二人がつばを飲んだみたい。
「どうする?嫌ならいいけど」「健ちゃん、僕はいいよ。やろうよ」 これまた予想通り、私のあそこ見たさに裕君が折れました。
健ちゃんは少し考えていたけれど同意し、その前にシャワーを浴びたいと言いました。
潔癖症なんですね。
 二人がシャワーを浴びている間、私はカーペットの上にバスタオルを何枚か敷き、今にもあふれそうになっている股間を、ティッシュで拭いました。
二人が体を拭いて出てきましたが、チンチンは平静状態に戻っていました。
「じゃあ、まず裕君、バスタオルの上に寝てみて」 こうなったら、有無は言わせず、私のペースに持ち込みます。
裕君を寝かせると、腕をタオルで後ろ手に縛り、足首も縛りました。
強くは縛りませんが二人はビックリ。
でも抵抗はしません。
「こうしたほうが、気持ちいいのよ」訳のわからない説明をして、「さあ健ちゃん、こっちに来て」と、健ちゃんを裕君の横に座らせ、手を裕君のチンチンに添えてやりました。
「ワーッ!気持ちワリー」と、裕君が大げさな声を上げます。
「僕だって気持ち悪いよ。がまんしなよ」以外に、健ちゃんにも抵抗感はないみたい。
「健ちゃん、強くしすぎないようにしごくのよ。自分がオナニーするみたいに」 健ちゃんはゆっくりと裕君のチンチンを握り、動かし始めました。
裕君はくすぐったそうに、クッ、クッと笑っています。
チンチンはまだ勃起してません。
 私は二人のそばに腰を下ろすと、ゆっくりとスカートをあげ、陰毛を見せました。
二人の視線が一斉に注がれます。
「健ちゃん、手が止まってるよ」 私が少し股を開いて、おおまんこ全体を手のひらで抑えるようにして、オナニーを始めると、裕君のペニスが、むくむく大きくなりました。
健ちゃんは私のオナニーを見ながらも、言われた通り愛撫を続けています。
裕君は、縛られた体をねじるようにして私の股間を覗き込み、鼻息が、股に掛かります。
私は指を使いながら、「ああ、気持ちいい。裕君のおチンポ見てたら、お姉さんのおおまんこ、すごく濡れてきた」と、言いました。
裕君の息がどんどん荒くなり、「さあ健ちゃん、手を早くしてあげて。裕君もう、出そうよ。ああ、おおまんこが気持ちいい」と言いながら、おおまんこを広げて見せてやりました。
「うう!出る!」 その瞬間、裕君が激しく腰を動かし、痙攣するように大量の精液をバスタオルの上にに放ちました。
「健ちゃん、まだやめちゃだめよ!裕君、まだまだ出そうだから」 従順に健ちゃんは手を動かし、裕君は続けて液を出して健ちゃんの手を汚し、やがてグッタリとなりました。
 私は、スカートを下ろし、裕君のチンチンをティッシュで拭ってやりながら自分の股も拭きました。
 次は、健ちゃんを縛り、裕君にしごかせる番です。
健ちゃんはチンチンを立てながらも緊張しており、裕君は自分が終わったので、ちょっと余裕。
 私はスカートを脱ぎ、下半身を二人に露出しながら、今度は、クリトリスをこすり始めました。
裕君は、私の股間をチラチラ見ながらも、器用に健ちゃんのチンポをしごき、健ちゃんは早くも、ハアハア言い始めました。
「ああ、健ちゃん、お姉さん、おおまんこが気持ちいい。セックスしたい」私の言葉攻めに健ちゃんは限界みたい。
私はいきなりおおまんこを広げて見せながら、「健ちゃんも、ママのおおまんこから産まれてきたのよ!」と、言うと、「アアー!」と、大声を上げ、精液を噴き出させました。
「まだまだ出るよね」と、裕君は心得てしごき続け、健ちゃんはうなりながら痙攣し、やがて「もう、もういい裕君!」と泣き声を上げました。
 今日のお遊びはここまでにしました。
二人のチンポをそのまま食べちゃおうかなとも思ったけど、まだまだお楽しみは取っておくことにしました。
同カテゴリの他エントリーを読むページトップホームRSSタグキーワードセックスチンポおマンコ精液オナニー